ケセラセラ

nopasanada.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大人たちのツアー

天気もよく、Hさんの晴れ女ぶりはすごかった~
大人組は、Mさんパパのガイドにて、ブギス、アラブ街、リトルインディアツアー
私たちは、ローカルなツアーが楽しみだったので、連れて行ってもらいました。
異国の方も多く住んでいて、かなりコアな部分も見てきましたよ~
子供たちは、Mさんが面倒を見てくれました。

d0189675_15514764.jpg


アラブ街では、日本語の上手なトルコ人の3人組に出逢い
写真を撮ってくれまして、何処から来たのか?とか
話しているとですね、一人のトルコ人が 「 綱島に住んでた ! 」 というのですよ~
「大○山!」 なんて言って、となりに住んでたトルコ人男性でした。


d0189675_1552673.jpg
d0189675_15521774.jpg




地元のトロピカルフルーツのジュース屋さんでは、
写真撮ってくれたりして、サービスしてくれるので
一人ずつジュースを頼みました。
スイカジュース、美味しかった。


d0189675_15523912.jpg
d0189675_15524836.jpg


乾物屋さんには、意味不明なネズミ色の物体発見!
聞くと、「シーキューカンバー」 というのです、
どうやら、ナマコだそうです。
乾物屋の隣には、洋服のお直し屋さんが隣接していたりおもしろかったです。

リトルインディアでは、Mさんおすすめのアーユルヴェーダを受けてきました。
うちの夫もです。
女性には女性の、男性には男性のインド人担当者がつきます、
約1時間、マッサージと最後にオイルを頭に流してくれる頭のエステです。
知らぬ間に寝てしまい、終わった時に起こされて
眠いかと思いきや、すっきり感がすごくあって、
中から外へ出す、という デトックス効果があるのですが、
これは本当にすごいです、効果がすぐにでました。


d0189675_15535424.jpg
d0189675_1554215.jpg
d0189675_15541257.jpg


日本人ライターさんの記事も貼られておりました。
とても優しいインド人のオーナーさんでしたよ。

More
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-30 15:50 | ボヤージュ

訪星記・2

今回の第一目的ともいえる Mさんがご紹介してくださったお店
「グリ-ンベリーロフト」 さんへ、みんなで訪問。
お店は、子供服や小物を扱う小さなお店ではありますが
最近は買っていただけるお客さんも少しづつ増えてきていて
リピーターさんもいるようで、嬉しい限りです。
Mさん宅からも近いし、紀伊国屋や明治屋さんが入っているビルなので
日本人の方が多くいました。
d0189675_16113885.jpg



その後、ランチへ
ローカルフードも食べないとね! と、M家の近くにある人気のチキンライス屋さんへ
暑いのにクリスマスツリーという光景は見慣れず
変な感じではありますが。

d0189675_16125469.jpg
d0189675_1613468.jpg
d0189675_16131385.jpg


店内に入ると、香草などの独特な香りがします、
なんとこの匂いに反応した次男は、しばらく嫌だと抵抗しました。
マスクもさせていたところ、
なんとこの四角い揚げパンに食いつき、それから、チキンへも手がのびて・・・
助かりました、。。。
もうダメか、とあきらめるとこでしたが。
だって美味しいんですよ、チキンライスは鶏の出汁で炊いてできたもので
それと、チキンのスペアリブや、蒸し鶏など
大人たちみんなはがっつきたいものばかり。
次男のお陰で、食べた気が半減してしまいました、
まっ、子供連れには付き物ですがね。



d0189675_1614053.jpg


その後、子供たちと別行動をして
私たちは、バスに乗り街へ繰り出す・・・
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-28 16:11 | ボヤージュ

訪星 記 ・ 1

d0189675_1631814.jpg


高いところから見渡す シンガポールの街はこんな感じ。
私の住む、淡路島とほぼ同じ大きさだそうです。
一番の印象は、高層ビルが多く、近代的なユニークな建物だったり、全て違うものばかり。
そんな中にも、古典的なものもあって、歴史も感じられ、建築が面白いです。
そして、発展途上なバブリーな感じを味わえ、パワーのあるところです。
気候は赤道に近いので、一年中暑い、でも緑が多く、気持ちの良い風も感じます。
やはり、街にはゴミなど落ちておらず、綺麗ですし。
アジアの中では比較的、いや断然シンガポールが日本人には向いてる、
と思います。

d0189675_1634218.jpg
d0189675_1635324.jpg
d0189675_164575.jpg
ザ・フラ-トンホテル

2001年にオープンし、客室400部屋を有し、1928年に建てられた新古典主義の建築物で、
確か、昔の郵政省だった建物だとか・・・
数々の賞を受賞しているホテル。
横浜から移住したMさんのご主人が好きな建物のひとつでもあるそうです。

チャンギ国際空港から車で25分くらいのところ、
都市中心地に位置し、ラッフル シティーやサンテック シティー、オーチャード通りにも近距離で
5つ星のホテルです、


d0189675_165258.jpg


私たち一行は、Mさん宅のコンドミニアムに泊めて頂きました。
コンドミニアムも高層でいろんなタイプがあるそうです、
そして必ず、メイド部屋とプール付き。
床は大理石、トイレは3個、ゲストルームやゲスト用のバスも付いている。
日本にはない広さ。

私は高いところが苦手なので
上の階は怖いです。
世界一大きい観覧車、シンガポールフライヤーもパスしました。
子供たちは乗せてもらったようで。


d0189675_1661637.jpg
d0189675_1662814.jpg



海側には、 カジノ が今建設中
この建物は、上でつながるようにできるらしい。
地震 知らずの シンガポール ならでは・・・・ではないでしょうか。


この海のマーライオンのところから、水上タクシーに乗って
大きな川を通り、街の中へ行けます。
優雅な気分で観光もいいものです。
といいながらも、次男がデッキへ出るので、落ち着いて観れませんでしたがね~・・・汗
川沿いに並ぶ、いろんなカラフルなレストランも印象的。



d0189675_1673341.jpg
d0189675_1674347.jpg
d0189675_1675263.jpg


約7時間の飛行時間と、乗り継ぎで1時間の空の旅、
でも、私たちの旅の疲れはほとんどなく、
時差一時間はいいですね。
夫は、背中が痛いらしいけど、私はめずらしく大丈夫。
でも何を言っても、子供は柔軟、羨まし~い。
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-27 16:01 | ボヤージュ

ぼくらのシンガポール訪星記


d0189675_1611235.jpg

僕らの初めての海外旅が終わった
外国は初めてで、英語がしゃべれないから、行くのはちょっと迷ったけど・・・
飛行機にはゲームがある!ってお母さんに聞いたから、楽しそ~! と思って
僕も弟のKも楽しみになった。
Kは、初めての飛行機やから 怖くて、耳が痛くなって、飛ぶときはいつも寝ていた。

シンガポールは暑くて、プールにも入れて、辛いものも食べて、楽しかった。
英語もちょっと覚えたで、
マーライオンも見たで、
それに、しもんくんや、りこちゃんとも遊べて僕になついてくれて
お世話もたのしかったよ。

ご飯はいまいちだけど、トリ肉が美味しかった!ステーキも!
マンゴーやパパイヤもおいしかった。
Kは、レストランで臭い臭い!と泣いてたこともあったけど、最後はなれていた。
他に問題は特になかったけど、一回、タクシーでお金のことで
もめてたことがあったな=
最初っからちゃんと払っとけばよかったんや~
タクシーに乗ってる時、道を間違えそうになって 僕が 「 オーマイガッと! 」
っていうと、運転手さんがウケて笑ってくれたのに・・・

お母さんたちの仕事のお店にも2回行った。
そしたら、お土産に って 木でできたキーホルダーをもらった。
そこの人、僕は、シンガポール人かと思ってたら、日本人やって~
どっちかわからんわ?・・・
海辺のレストランに行ったときにも、砂場で僕らが遊んでいたら
どこの国の子かわからへんけど、英語じゃない言葉でしゃべってて
いっしょに遊びたそうに近づいてきて、一緒に砂の山作って遊んだ。


お金がどんなか、見たかった。
シンガポールのお金は 1ドル 約70円くらいで計算して
僕は、最後におばあちゃんたちにお土産を買った。
合計 50ドルくらい使った。

チョコレートと、ほしかった ミサンガも買えた。

あ~ もうちょっと
買い物したかったな~
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-26 15:59 | チルドレン

ラッフルズホテル

d0189675_833044.jpg

お気に入りの一枚


d0189675_8323436.jpg


ロイヤルチャイナにて

ブルーと白のコントラストが

ほんとうに綺麗でした。



d0189675_83252.jpg

中庭の噴水

どんなところでも、水をみると触りたくなるふたり・・・・
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-26 08:31 | ボヤージュ

炎のストライカー

元サッカー日本代表である「ゴン中山」
またの名を、炎のストライカー

うちの次男 のまたまた明言
昨夜寝る前に、こんなことを言っていた
「この前の試合で、ケイがシュート打った時、入るかと思ったのに~」

「ほんまやな~、お母さんもそう思った 」

「 だってな~、ケイがシュート打った時、煙みたいなんが見えた 」

「えっ?・! どこに煙って~??」

「 蹴ったとこ のボールのとこ・・・ だから煙でよう見えへんかってん 」

すげ~~~~、蹴ったら煙だって~~~!!??

その発想がすげ~~~~

ってテレビの見すぎ??・・・・

我が家の次男も負けないくらいの ” 炎のストライカー ” でございます!

が、

話は戻って


そのゴン中山が、現在42歳になっても死にもの狂いでプレーをする一人。
もう一人は、三浦カズ
二人とも42歳 、 うちの旦那と同い年、(カズは年明け43歳に)

42歳という年齢でサッカー選手の現役を続けようとする姿勢をみて
頑張らねばと、勇気づけられる人も多いだろう。

そんなとき、カズが言った
「ふたり合わせて 85歳。二十歳過ぎの選手の四人分! 」 だと・・・


そこで思った、
40歳という響きは、なかなか重みがある、
でもそれは、歳の積み重ねで、
我が家も夫婦二人合わせて82歳
二十歳の子だと4人分!!

仕事で考えると、

歳とるのも悪くないか・・・^^
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-19 16:08 | チルドレン

40!

d0189675_16175320.jpg


30になるとき、40になっても、節目のようなことで大台に乗る、とよくいう。
これまた乗ってしまった~
30に乗った、といってから今まで・・・
その先、50になるときまで、果たしてまたどんな十年を送ることになるのか・・・
いつまでも変わらないのか?
「全てが思うほど上手くはいかないみたいだ・・・」 という唄があるが、
20代のころに、40歳になったらバーキンを持ちたい!
な~んていってたのも・・・
50になってもそんな感じだと、ちょっと寂しいな。

それとも、40代には、大きく何かが待ち受けているのか、
40から人生が面白くなる! という雑誌を見た。
積み重ねから、心が解き放たれて自分が見えてきたり
自由になるんだとか・・・

小さい時の私は、生に満ち溢れるようなハイジのような子だった
と、幼馴染がいう。
最近のもう一人の友達は、サザエさん、だという。(キャラが強い?)
そしてその幼馴染から、今日メールがきた。
母親になってから相変わらずのタフさに大人の顔がプラスされたと・・・

今日は嬉しい言葉のプレゼントを頂いた。

若い頃の自分からすると、恥ずかしいことに、お子様すぎた。
いらんパワーをいらないところで使ってて、今思えば馬鹿げたこと。
人生失敗してたかも・・・
そのロスタイムも含めての40年。
私には、結婚・出産は必要なことだったんだ。と思う。
これも修行か、
この先の人生と仕事を楽しむには、こころの余白、のりしろが大切。
余裕がでてくるのかな・・・、真に味わい深い季節の始まり・・・?
これからも大事に積み重ねてゆかねば・・・


長男に
「おかあさん、おめでとう、何がほしい?なんかほしいもの言うて 」
とやさしく言ってもらいました。
「おかあさんは何もいらないよ、その言葉で十分!」
というと、それを聞いていた次男が、
「オレ、何もあげられへん・・・」 おこずかいのない次男の声。
「あんた、今日はおめでとうも聞いてへんで~!」とわたし。
すると
「お ・ め ・ で ・とう」
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-12 16:15 | ライフ

宇宙・・・

先月、信頼のおける方に
「自分のやりたいことがわからなくなっている」 とカウンセリングの相談をした。

外側(他人やマスコミなど)からの情報過多で混乱し、
内側(自分の気持ち)が整理しきれないでいるから・・・

すると、
しばらくの間、何かをやる時や選ぶ時に、

「ほんと~~~にこれが私の欲しいものか?」
「ほんと~~~にこれを私はやりたいのか?」

「誰かの考えではなく、自分の考えに基づいているか?」
「これがやりたい理由や、これを選んだ理由はなんだろう?」

とにかく「自分の心」としっかりコミュニケーションをとって
「自分の気持ちや考え」を明確にしてみたら?



そして「自分の心に反することはしない!」ぐらいのことを思って
自分の行動や反応を振り返った時、どんなふうに感じるのかを観察してみたら?

と、カウンセリングを受けた。

そう決めて自分を観察してみると、新たな視点で見えてくることや
感じる事が必ずあると思う。


自分が本当に望む事を選ぶ時、心が温かくなりホッとする感覚が来る。
この感覚は、それでいいんだよ・・・っていう魂からの合図だそうだ。

この感覚を頼りにすれば、やりたいことかやりたくないことかははっきりわかる。

あとは現状を無視し、望んでいる事が叶ってる状態だけを想像して
ワクワクしてれば宇宙が実現してくれる(by.引き寄せの法則)

だけど、人の意見や顔色を伺ったり、過去の経験と照らし合わせたり、
むやみに未来を心配して頭であれこれ考えたり、

「自分」以外の誰かの事を考えるのに忙しく、
自分のことが置き去りになっていると

「自分」の「今の気持ち」がどれなのかがわからなくなってしまうから。。。

たまにはじっくり時間をとって自分の心とコミュニケーションとることは
とても大切な事だと思う。

そして、「自分の心」と対話するプロセスを日ごろから実践し
それが習慣化できると、占いもカウンセリングも全くいらなくなるという。


波動引き寄せの法則。
自分の信念、やりたいことを描くこと。

どんなことでも、自分から見える事だけ見て判断するのでは
真実を知る事は出来ない気がする・・・



『私は宇宙人になりたいと思っているんです。
地球人を越えたいんですよ。』

と語った鳩山首相は注目している。
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-07 16:18 | ライフ

彼等の重大なことって


d0189675_16212535.jpg


子供たちの大事な DS
うちは、DSどまりで、DSi とかもうすぐにはまた新しいのもでるとか。
それがないと生きてゆけないくらいの依存症
大人の携帯電話依存症 というのもよく聞きますが(私は全くですが)
困ったものです。

昨夜、お風呂でこそこそと子どもたちが話しているのを耳にしました、
長男 : 「 DSの画面、白くなれへんかった? 」
次男 : 「なった・・・」
長男 : 「お母さんにまだ内緒やで」

この話を何気に聞こえてしまったわたしは
「どなしたん?DSの画面白くなるん?」

焦った二人は、黙る・・・

そこから、長男が言うには、今日友達の家へ遊びに行ってる時にそうなったらしく
友達は「それぐらい壊れたうちにはならん」 と言ったらしく
もう一人の友達もDSの調子が悪いらしい。

私 「それはやりすぎ!いうことやわ!」

長男は、充電が原因かと、即 家で充電していたが
その後に使った次男も、白くなると言ったもんで・・・・

長男は、「これが壊れたらもう買ってくれへんよな?」
とかなりのピンチ具合。
「電機屋に修理に出してほしい」 という。

私は、「どんな様子かも見ていないしとりあえずお父さんに見てもらおう。
けどなんでもっと早く言わへんのよ?」

次男は、「オレ、どうしたら直るかわかるで、太陽のマークのとこ、
明るさ調整したらええんちゃうん?」

こんな時になかなかの冷静ぶりなのは、
いつも次男だ。
ピンチに弱い兄よ、がんばれよ。
[PR]
by 201010kominka | 2009-11-05 16:20 | チルドレン

楽しい工作

私と子どもたちと三人で作り上げた ”未来のお家”
学級閉鎖で時間を持て余した長男
そこで、大倉山造形教室で影響を受けた私、夏休みにやりたかった大作を、
こんな時期に作ってしまったのですが
でき上がってよかったね~
のこぎりぎこぎこ。
長男に負けじと次男も燃えていました。
私の手直しは絶対に許さない次男。
d0189675_16225667.jpg
d0189675_16231432.jpg


卵の殻と、えんぴつけずりのカス を使用。
紙粘土で、車や動物を。
レディ、それからトリ
未来の車はゴールドのエコカー
いろいろ考えるのが楽しいね~
手を汚して服も汚して、作りあげる楽しみってほんと好きです。

d0189675_16241174.jpg
d0189675_16242274.jpg



少しずつ材料を揃えて
5日間くらいかけて、作りました。
学校の自学ノートに説明と写真を貼って
自由課題として提出させました。

d0189675_162555.jpg
d0189675_16251440.jpg



車とレディが入る車庫?小屋みたいなもの
だそうです。
屋根が芝生
風車も建てます。

環境にやさしいお家造りです。

子供たちの未来はどうなってるかな・・・


d0189675_16255132.jpg

[PR]
by 201010kominka | 2009-11-04 16:22 | チルドレン